手続きの流れ

頭抱えるそれでは実際に過払い金請求をするための手続きの流れについて紹介しましょう。まずは法律事務所に相談をしましょう。そうすると弁護士が受任通知というものを発送してくれます。これによって返済や取り立てを一時的にストップさせることができるのです。これができるのは弁護士や司法書士に依頼した場合のみです。本人がやったとしても返済や取り立てを止めることはできないため注意しましょう。

そして、弁護士が計算をします。どのくらいの過払い金を請求できるのかを正確に算出してくれるのです。そのためには業者から取引履歴を開示する必要があります。それには1ヶ月から3ヶ月程度の時間がかかってしまうため注意しましょう。そして、実際に業者に対して返還請求をすることになります。そして弁護士が返還交渉を行います。もし返還に応じない場合には裁判所に対して訴訟を提起することになるのです。最終的には合意書を取り交わして返還してもらうことができるでしょう。弁護士はきちんと返還されるのかまでしっかりとチェックしてくれます

裁判所に判断を委ねた場合は最終的な判決がくだされて、それにしたがって業者はお金を支払うことになるのです。過払い金に悩んでいる方は弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談する

過払い金の請求については正しい手順を踏むことによって自分で行うこともできます。しかし、なかなかそれは難しいことでしょう。時間がかかってしまい、さまざまなことをきちんと調べておく必要もあります。仕事をしている方はその合間に手続きをしなければいけないのです。それはとても大変なことでしょう。そこで多くの方は過払い金請求について弁護士に依頼することになります。

弁護士弁護士に相談をすることによって、そもそも自分の状況では過払い金が発生しているのかどうか確認することができます。自分で計算をすることもできるのですが、それでは分かりにくいという方は多いでしょう。弁護士にチェックしてもらうことによって、確かなことが分かるのです。

弁護士に依頼することによってさまざまなメリットがあります。まず催促や取り立てをストップさせることができます。手続きの間はこれらの行為は禁止されているからです。また、借金の減額や整理をするための方法を教えてくれるでしょう。過払い金請求だけではなくて、その他の方法も含めて教えてくれるのです。書類の作成を代行してもらうこともできます。このようにたくさんのメリットがあるため、弁護士に相談すると良いでしょう。

▽関連情報▽
借金の相談≪弁護士法人アディーレ法律事務所≫

過払い金とは

お札過払い金というのはその名の通り払いすぎてしまったお金のことです。借金をしている方が本来支払う必要のない分のお金まで支払っているのです。長期間にわたって借金の返済をしている方はこのような状況に陥ってしまう可能性があります。

そのため、過払い金を返してもらうことができれば、それによって借金を完済できたり、減額してもらえる可能性があるのです。たとえば2008年12月以前に借金をしたことのある方や、借金を完済してから10年以内の方は過払い金が発生している可能性があるでしょう。

日本には利息制限法というものがあります。これによって金利が18%以上のものは無効となるのです。このようなお金のことはグレーゾーン金利といいます。キャッシングやカードローンを利用している方で、総額が10万円から100万円未満の場合には、18%を超える金利は無効となるのです。これを貸金業者は守らなければいけないのですが、実際には守っていなかったケースが頻発していました。そのため、過払い金請求というものが話題になったのです。特に10万円から100万円未満というのは、多くの方が気軽に借りる金額であり、このような少額の借金について過払い金が発生することが多かったのです。払いすぎていた分は返してもらうべきでしょう。

借金返済に苦しむ

大きな借金を抱えていて苦しんでいる方はたくさんいます。また、数十万円程度の借金であってもいつまでも完済できずに困っている方もいるでしょう。借金をしている方はどんどん増えています。それは突発的な出費に対応するためだったり、家計が苦しくて仕方なく借金していることが多いです。借金をしても返済できるならば良いのですが、なかなか返済の目処が立たないという方もいるでしょう。

男性借金の返済を分割でしている方は多いです。この場合、毎月の返済額は少額となっているため、なんとか返せるという方が多いのですが、いつまで経っても借金を返済できない状態になってしまうでしょう。ずっと借金を返済し続けることになってしまうのです。そうなると借金の返済期間が長くなってしまいます。返済期間が長くなるとその分だけ利息が発生してしまいます。借金にはあらかじめ設定されている金利かかるため、毎月の返済分には必ず利息が含まれることになるからです。

この利息については、法律によって上限が定められています。それを超えるような利息を設定してはいけないことになっているのです。しかし、場合によっては法律に違反しているような利息を支払っていることがあります。それに本人も気がついていないことがあるのです。この場合は過払い金の請求によって、支払いすぎたお金を取り戻すことができるでしょう。

こちらでは過払い金請求について説明しましょう。一体どのような制度なのか、具体的に何をすれば良いのかを教えます。