過払い金とは

お札過払い金というのはその名の通り払いすぎてしまったお金のことです。借金をしている方が本来支払う必要のない分のお金まで支払っているのです。長期間にわたって借金の返済をしている方はこのような状況に陥ってしまう可能性があります。

そのため、過払い金を返してもらうことができれば、それによって借金を完済できたり、減額してもらえる可能性があるのです。たとえば2008年12月以前に借金をしたことのある方や、借金を完済してから10年以内の方は過払い金が発生している可能性があるでしょう。

日本には利息制限法というものがあります。これによって金利が18%以上のものは無効となるのです。このようなお金のことはグレーゾーン金利といいます。キャッシングやカードローンを利用している方で、総額が10万円から100万円未満の場合には、18%を超える金利は無効となるのです。これを貸金業者は守らなければいけないのですが、実際には守っていなかったケースが頻発していました。そのため、過払い金請求というものが話題になったのです。特に10万円から100万円未満というのは、多くの方が気軽に借りる金額であり、このような少額の借金について過払い金が発生することが多かったのです。払いすぎていた分は返してもらうべきでしょう。