手続きの流れ

頭抱えるそれでは実際に過払い金請求をするための手続きの流れについて紹介しましょう。まずは法律事務所に相談をしましょう。そうすると弁護士が受任通知というものを発送してくれます。これによって返済や取り立てを一時的にストップさせることができるのです。これができるのは弁護士や司法書士に依頼した場合のみです。本人がやったとしても返済や取り立てを止めることはできないため注意しましょう。

そして、弁護士が計算をします。どのくらいの過払い金を請求できるのかを正確に算出してくれるのです。そのためには業者から取引履歴を開示する必要があります。それには1ヶ月から3ヶ月程度の時間がかかってしまうため注意しましょう。そして、実際に業者に対して返還請求をすることになります。そして弁護士が返還交渉を行います。もし返還に応じない場合には裁判所に対して訴訟を提起することになるのです。最終的には合意書を取り交わして返還してもらうことができるでしょう。弁護士はきちんと返還されるのかまでしっかりとチェックしてくれます

裁判所に判断を委ねた場合は最終的な判決がくだされて、それにしたがって業者はお金を支払うことになるのです。過払い金に悩んでいる方は弁護士に相談しましょう。